院長ブログ

記事一覧

歯科治療の進歩の裏には!

現在の歯科のおける三種の神器はコーンビームCT(CBCT)、マイクロスコープ(治療用顕微鏡)、CAD/CAMです。医科ではお馴染みのCTですが、歯科用のコンパクトなCTが開発され画像診断の精度が上がりました。マイクロスコープは、肉眼では見えないほど小さいところを高倍率で拡大して見ることができ原因を見つけたり、より正確な治療をするために利用されています。CAD/CAMはComputer Aided Design/Computer Aided Manufacturingの略で、...

続きを読む

歯を割ってしまった患者さんへ

新井歯科には、歯にヒビが入って歯肉と歯を支えている骨に炎症が進んで治らないという患者さんや、歯根が割れているため抜歯と診断されたが助けられないかというお悩みの患者さんが多く来院されています。一般的に歯根が縦に割れた場合は、歯科界における世界的なコンセンサスとしては抜歯と診断されます!ただ簡単に抜歯してしまうと、たった1本を抜歯することでも両側の歯を削ってブリッジにしたり、インプラントを入れたり、取...

続きを読む

品川区でナンバーワンの患者さん

新井歯科に通院して24年(2019年4月現在)になる患者さんN.T.さん(92才、男性)は30本の丈夫な歯が揃っています。永久歯28本と右上下の親知らず2本がぐらつくこともなくしっかり噛めています。92才で丈夫な歯が30本あるということで品川区で1番と表彰されたとのことです。当院には、1995年6月に来院されました。初診時(当時68才)から30本あり、悪いところは当院で治療をして、日々の自己管理と当院の定期的なメインテナンス(予防歯科)...

続きを読む

虫歯と歯周病は体の病気の前兆!

当院は、歯を徹底的に抜かずに残すことをモットーにしています。インプラントを第一に考える歯科医は、しっかり治療すれば抜かずに残せる歯も抜歯してインプラントを勧めることが多いようです。いつダメになるかわからない頼りない歯を頑張って残すより虫歯にならないインプラントにした方がいいと考えているようです。本当にそんな考えでいいのでしょうか?私は、歯を抜かずに長く使っていくことが体の健康を保つことに繋がると思...

続きを読む

消毒・滅菌について

2018年10月1日から保険点数の初診料と再診料が変更されます。これは、治療器具や回転切削器機(エアータービンなどの歯を削る器械)をしっかり消毒滅菌している歯科医院には初診料、再診料とも3点プラスするというものです。厚生労働省は、歯科医院に患者さんへの感染防止対策を徹底させるために保険点数を増減して差別化をしました。そのため、エアータービンなどの歯を削る器械を十分に滅菌できない歯科医院は、初診料は8点、再診...

続きを読む