院長ブログ

記事一覧

歯を抜かない治療

「歯が長持ちする治療」の項でも説明しましたが、末期的な状態でなければほとんどの場合、歯を抜かずに済みます。20年程前からインプラント治療と審美歯科治療の流行により、抜かずに救える歯を安易に抜歯してインプラント治療や審美治療を勧める歯科医師が増加してしまいました。「アメリカの歯科事情と日本の歯科事情」の項で説明しましたように、お金はかかるけれども面倒な治療はせずに悪い歯はさっさと抜いてインプラント治療...

続きを読む

私の医者の選び方

医者と歯医者を選ぶ時、あなたはどのように選んでいますか?病院に行って診断と治療を受けた場合、もし自分の病気に対して適切な治療でなかったら体も歯もかえって悪くしてしまうことがあります。正しい診断と治療の上に生活習慣と食習慣の改善を行うことで病気は治っていきます。生活習慣と食習慣の改善なしに治療だけ行っても病気は治らずに慢性化して再発を繰り返します。高血圧症、糖尿病、脂質異常症、高コレステロール血症な...

続きを読む

歯が長持ちする治療(害が最も少ない治療)

歯が長持ちする治療とは、害が少ない治療とは何でしょう?歯はもちろん、歯の中の神経・血管には再生能力がなく自然に治ることはありません。つまり、歯を削ったり、歯の中の神経・血管を取ったりすると二度と元通りにならないのです。ましてや、歯を抜いてしまったらお口全体に少しずつ被害が拡大していくことになります。歯肉、顎骨(歯を支えている骨)、歯根に付着している歯根膜という重要な組織、顎骨の中の神経・血管などは...

続きを読む

歯ブラシの威力

信頼できる歯科医院の見分け方の一つに歯ブラシ指導があります。歯ブラシを上手にできるまで何度も丁寧に指導してくれる歯科医院は、あなたの歯を守ってくれる信頼できる歯科医院です。歯科衛生士や歯科助手による簡単な口頭での歯ブラシ指導や歯ブラシ方法が書いてあるパンフレットを渡す程度では指導とは言えませんし、自分に合った正しい歯ブラシ法を身に付けることは出来ません。現在では、1日1回は10分以上の丁寧な歯ブラシ...

続きを読む

セカンドオピニオン(Second opinion)

近年、当院ではセカンドオピニオンを求める患者さんが増えてきています。セカンドオピニオン(第2の意見)とは、ご存知の通り一般的には医療の分野で使われている言葉で、患者さんが初めに担当してくれた医師・歯科医師の診断結果および治療法(ファーストオピニオン)に対して、それとは別の意見を聞きたい場合に他の医師・歯科医師に診査・診断・治療法を聞くことを言います。その結果から患者さん自身の自己判断で診断結果と治...

続きを読む