院長ブログ

記事一覧

歯科治療の進歩の裏には!

現在の歯科のおける三種の神器はコーンビームCT(CBCT)、マイクロスコープ(治療用顕微鏡)、CAD/CAMです。医科ではお馴染みのCTですが、歯科用のコンパクトなCTが開発され画像診断の精度が上がりました。マイクロスコープは、肉眼では見えないほど小さいところを高倍率で拡大して見ることができ原因を見つけたり、より正確な治療をするために利用されています。CAD/CAMはComputer Aided Design/Computer Aided Manufacturingの略で、...

続きを読む