院長ブログ

記事一覧

歯を割ってしまった患者さんへ

新井歯科には、歯にヒビが入って歯肉と歯を支えている骨に炎症が進んで治らないという患者さんや、歯根が割れているため抜歯と診断されたが助けられないかというお悩みの患者さんが多く来院されています。
一般的に歯根が縦に割れた場合は、歯科界における世界的なコンセンサスとしては抜歯と診断されます!
ただ簡単に抜歯してしまうと、たった1本を抜歯することでも両側の歯を削ってブリッジにしたり、インプラントを入れたり、取り外しの入れ歯を入れたりと、口の中の崩壊が徐々に拡がるスタートになってしまいます。
そのため当院としては、延命処置として特殊な治療法を行なって割れた歯でもすぐは抜かずに少しでも長く使えるようにしております。
ただし、この治療は、保険診療ではできませんので自費診療になります。
ところで、歯根が縦に割れた場合、当院の特殊な治療を行い、その歯を長く(10年以上)持たせるには、いくつかの条件があります。
それは、歯根が割れた時期が比較的最近である、つまりヒビからの感染が少ない。根管(歯根の中)の感染・汚染が少ないほど良い。根管の汚染層を除去した後に残った歯質が多いほど良い。レントゲン診査では明らかに歯が割れているように見えない方が良い。そして最も大切なことは、歯を割ってしまった原因を患者さんと歯科医が共に考え、今後治療した歯を長持ちさせるためと、他の歯を割らないために食べる時の噛む力をコントロールすること、日中噛みしめないように意識すること、習慣的に食べる側がどちらか(右噛み、左噛み)一方に集中しないようにすること、寝ている時の歯ぎしり対策など、歯に加わる力を徹底的にコントロールすることです。つまり、治療が成功しても患者さんの歯を守りたいという意識が高く持続出来なければ、長期にわたる成功はありません。
歯を割ってしまって抜歯と診断されてもどうにか助けたいという患者さんは是非一度いらっしゃってください。
スポンサーサイト